HOME > 作家紹介
作家紹介

藤田嗣治 (レオナール・フジタ)

1886年 東京に生まれる
1905年 東京美術学校に西洋画科に入学
1913年 パリに渡り、モディリアーニ、スーチンらと交遊を結ぶ。
1919年 サロン・ドートンヌに出品し全作品入選、会員に推挙される。
1925年 レジオン・ド・ヌール勲章シュヴァリエ賞を贈られる
1940年 パリから帰国
1949年 渡米の後、パリに戻る
1955年 フランス国籍を取得。 日本芸術院会員を辞任。
1957年 フランス政府からレジオン・ドヌール勲章シュバリエ賞を贈られる。
1959年 君代夫人とともにカトリックの洗礼を受ける。洗礼名レオナール。
1966年 ランスのノートルダム・ド・ラ・ぺ・フジタ礼拝堂を自ら建設
1968年 死去。日本政府より勲一等瑞宝章を追贈される。

マルク・シャガール


1887年 帝政ロシア領ヴィテブスク(現ベラルーシ)にユダヤ系ロシア人として生まれる
1900年 4年制の公立学校に入学。彫刻家、画家のオシップ・ザッキンは同級生
1910年 パリに赴く。5年間の滞在の後、故郷に戻る
1915年 ベラと結婚
1923年 パリの戻る
1941年 第二次世界大戦の勃発後、ナチスの迫害を避けアメリカに亡命
1944年 同郷人で最初の妻、ベラがアメリカで病死
1947年 再びパリに戻る。
1950年 南フランスに永住を決意、フランス国籍を取得
1964年 パリ・オペラ座の天井画を完成
1973年 マルク・シャガール聖書のメッセージ国立美術館開館
1985年 死去

パブロ・ピカソ

1881年    スペイン、アンダルシア地方のマラガに生まれる。
1895年    バルセロナに移住、美術学校に入学。一月の猶予のある          入学制作を一日で完成させる。
1900年    パリに移り、ロートレックらの影響を受ける。
1901年    6月、パリで初の個展。「青の時代」の始まり。
1907年    「アビニヨンの娘たち」制作。

1936年    人民戦線政府の依頼により、「プラド美術館」の館長に就任

1937年    『ゲルニカ』制作。
1958年    『イカルスの墜落』制作(パリ、ユネスコ本部)
1973年    南フランスのムージャンで死去。